メンズ長財布.com > ブライドルレザー

【ブライドルレザー】世界が認める本革長財布5選

イギリスで生まれたブライドルレザーは、今や世界に認められる高級レザーになりました。革財布を選ぶうえで絶対にはずせない「ブライドルレザーの長財布」5点をご紹介します!ブライドルレザーの特徴は、ページの一番下に解説をつけました。

絶対的な人気を誇るブライドルレザー

ブライドルレザーとは

迷ったときはブライドルレザーと言われるほど、革の初心者から上級者まで愛用者が非常に多い高級レザーです。特にココマイスターのブライドルレザーは、数あるブライドルレザーから厳選を重ねた、特別なブライドルレザーを採用しています。

おすすめはココマイスター

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーと言えば、イギリス御三家の「エッティンガー」「ホワイトハウスコックス」「グレンロイヤル」が有名ですが、どこも最低価格が5万円~で手を出しにくい価格です。ココマイスターは2.8万円~が最低価格ですが、御三家以上の品質を維持している、自慢のブランドです。

ブライドルレザーは硬い!

ブライドルレザーとは

そもそも、ブライドルレザーは非常に硬くて頑丈な革です。そのため縫製が難しく、限られた職人しか縫製できません。ココマイスターは熟練の職人が多数在籍しており、美しい縫製の長財布を生み出すことができています。

圧倒的な人気を誇るラウンド長財布

丈夫で長持ちする高級レザー、使いやすくて収納力抜群のラウンドタイプ、豊富なカラーバリエーション、そしてこの価格は凄いです。スーツはもちろん、カジュアルな服装にも合い、シチュエーションを選ばず使える嬉しい財布です。

価格/生産国 30,000円/日本
素材(産地) ブライドルレザー(イギリス)/ヌメ革(イタリア)
カラー ブラック/モスグリーン/ロイヤルブラウン/ダークネイビー/ロンドンキャメル/スイスレッド/ヘーゼル
ブランド/商品名 ココマイスター/ブライドル・グランドウォレット
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

女性が選ぶ、男性に持って欲しい財布No.1

「かぶせ蓋タイプ」が好みの方はこちらがオススメ。薄型ではなく、実は1位のラウンドタイプとほぼ同じ厚さです。その分収納力にも優れており、機能性も抜群です。

価格/生産国 28,000円/日本
素材(産地) ブライドルレザー(イギリス)/ヌメ革(イタリア)
カラー ブラック/モスグリーン/ロイヤルブラウン/ダークネイビー/ロンドンキャメル/スイスレッド/ヘーゼル
ブランド/商品名 ココマイスター/ブライドル・インペリアルウォレット
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

「イギリスとイタリア」最強の組み合わせ

イギリスが誇るブライドルレザーと、内装にイタリアの伝統皮革マットーネを組み合わせたメンズ長財布。カラーの組み合わせが独特でオシャレなので、是非一度内装と合わせてご覧いただきたいです。

価格/生産国 45,000円/日本
素材(産地) ブライドルレザー(イギリス)/マットーネ(イタリア)
カラー ロイヤルチョコ/アルバートレッド/ハイドパーク/ブルースネイビー/ステージブラック/パイプオルガン
ブランド/商品名 ココマイスター/ロンドンブライドル・スプレッドイーグル
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

ブライドルレザーの無双仕様

こちらは外装だけでなく、なんと内装にもブライドルレザーを使用(無双仕様)している贅沢な長財布です。重厚感のある財布ですが、ボルドーワインやヘーゼルなど、カラーによっては全く異なる雰囲気を醸し出しています。スーツをよく着る男性にオススメです。

価格/生産国 43,000円/日本
素材(産地) ブライドルレザー(イギリス)
カラー ブラック/モスグリーン/ロイヤルブラウン/ダークネイビー/ボルドーワイン/ヘーゼル
ブランド/商品名 ココマイスター/ジョージブライドル・バイアリーウォレット
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

誇り高き英国紳士を象徴するシリーズ

こちらも内装までブライドルレザーを使用している、ラウンドタイプのメンズ財布。1位の「グランドウォレット」と、内装が違うだけでここまで価格の差があります。予算に制限がない方にオススメしたい、贅沢な逸品。

価格/生産国 50,000円/日本
素材(産地) ブライドルレザー(イギリス)
カラー ブラック/モスグリーン/ロイヤルブラウン/ダークネイビー/ボルドーワイン/ヘーゼル
ブランド/商品名 ココマイスター/ジョージブライドル・ロイヤルウォレット
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

イギリスが誇る高級皮革「ブライドルレザー」の特徴

ブライドルレザーの財布を選ぶのであれば知っておきたい、ブライドルレザーの特徴を解説します。

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーとは

「ブライドル」とはイギリスで「馬具」を意味する言葉です。その昔、イギリスの貴族が乗馬をするために造られた、「革の馬具」が「ブライドルレザー」の起源です。

騎手を守る強靭な革

騎手を守る強靭な革

馬に乗る騎手の命を握る「馬具」は絶対に壊れることがあってはいけません。雨に濡れて破れたり、消耗して壊れてしまうと、騎手の命が危ないからです。特に乗馬は動きの激しい遊戯でしたので、それに耐えうる強度がブライドルレザーに求められたのでした。

ブライドルレザーができるまで

ブライドルレザーは主に、成牛のなかでも一番硬いショルダー(肩)部分を使っています。その牛革に「ミツロウ」をたっぷりと染み込ませることで革が硬くなり、さらに革を守る働きをしてくれるのです。

ブルームとは

ブライドルレザーは、ミツロウを塗り込むことで、革が硬く丈夫になり、汚れや水分などから守ってくれています。そのミツロウが革の表面に「白い粉」となって、美しい模様を描く「ブルーム」と呼ばれる現象が、ブライドルレザー最大の特徴でもあります。

ミツロウとは

ミツロウとは

ミツロウとは、天然由来の上質な成分で、ハチの巣から採取することができます。ハチが花から「花のミツ」を採取し、それをハチの体の中で「ミツロウ」という成分に変化させ、ミツロウを固めて「ハチの巣」を作ります。ミツロウには保湿成分が入っており、リップクリームや美容液などに使われています。
最近では、小さいこども用に、食べられるクレヨンが発売されていますが、あれにもミツロウが使われています。天然由来で革を保護してくれる、すごい成分なんですね♪

ブルームの楽しみ方

ブルームは初めはしっかりと付いているものが多いのですが、使ううちに革に馴染んで見えなくなってしまいます。気になる方は乾いた柔らかい布で軽くふいてあげるとすぐに落とすことができます。私は気にならないのでそのまま使っています♪ブルームが見えなくなったあとも、気温や湿度の関係で、革内部のロウが染み出てブルームが浮き出ることもあります。ブルームが革に馴染んだあとは、ブライドルレザー特有の光沢と色艶がでてくるので、大事に育てていきましょう♪

ブライドルレザーのメンテナンス・お手入れ

革製品は、基本的には日々使ってあげることが一番のメンテナンスになると言われています。特に私が紹介している上質な長財布は、ほぼメンテナンスの必要がなく、手で触って革が乾燥してきたと感じたときに、少しだけ専用のクリームをぬってあげるだけで十分です。ブライドルレザーも同じで、革に染み込んだミツロウが革を保護してくれていますので、1・2ヶ月に1度、専用のクリームを塗り込んであげるだけで十分です。

以上、【ブライドルレザー】世界が認める本革長財布5選でした!