メンズ長財布.com > コードバン

【コードバン】最高級の光沢を五感で楽しむ長財布5選

コードバンは、世界でもっとも高級な革素材と言われています。そんな最高級素材であるコードバンを使用した、オススメの長財布を厳選してご紹介します。コードバンの特徴が知りたい方は、ページ一番下で解説しています。

吸い込まれそうになる美しい光沢が最大の魅力

吸い込まれそうになる美しい光沢が最大の魅力

本当に革なのか、疑ってしまうような美しい光沢が、コードバン最大の魅力です。何年も使っていると、革に味のある色艶が生まれる不思議な革です。

水染めコードバンは別格の美しさ

水染めコードバンは別格の美しさ

コードバンと言っても様々ありますが、私が一番オススメしているのが、「水染めコードバン」です。コードバンの仕上げ加工の中で、もっともコードバンにふさわしいと言われており、素晴らしい光沢を感じることができます。

コードバンは弱点が多い

コードバンは弱点が多い

コードバン最大の弱点が「水」です。雨などに濡れてしまうとシミになってしまうので、気をつけなければいけません。そして希少性が高く、価格は高騰しており、しかも常時品薄状態のブランドが多いです。
当サイトがオススメしているブライドルレザーの長財布なら、3万円あれば極上の財布を買うことができますので、是非一度ご覧ください♪総合ランキング1位の財布もブライドルレザーです!
【ブライドルレザー】世界が認める本革長財布5選

最高級の素材と一流職人の縫製

個人的にはすべての財布の中で、いちばんオススメしたい長財布がこちら。内装の高級オイルレザーがコードバンの魅力を最大限に引き出しています。ただ、やはり在庫不足のため非常に入手困難となっています。

価格/生産国 70,000円/日本
素材(産地) 水染めコードバン(日本)/最高級オイルレザー(イタリア)
カラー ブラック/ボルドーワイン
ブランド/商品名 ココマイスター/マイスターコードバン・スカイスクレーパー
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

内装のオイルレザーから溢れ出す魅力

ちらっと見える内装の高級オイルレザーがかっこいい、水染めコードバンのメンズ長財布です。ラウンドタイプほどではありませんが、収納力もあり機能性も抜群です。スーツの内ポケットにも入る大きさで、ビジネスシーンでも活躍します。

価格/生産国 67,000円/日本
素材(産地) 水染めコードバン(日本)/最高級オイルレザー(イタリア)
カラー ブラック/ボルドーワイン
ブランド/商品名 ココマイスター/マイスターコードバン・ハイフライヤー
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

かぶせ蓋タイプの最高峰

コードバンの中でも限られた革しか名乗れない最高級レザー「オイルシェルコードバン」の長財布です。オイルをたっぷりと含んでおり、重厚感のある色艶と、光の角度によって変わる渋い光沢が魅力です。

価格/生産国 95,000円/日本
素材(産地) シェルコードバン(アメリカ)
カラー ブラック/ボルドーワイン
ブランド/商品名 ココマイスター/シェルコードバン・スタンフォード
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

美しいブルームが素敵なコードバン

ブライドルレザーと同じ「ロウ引き加工」されたコードバンを使用しています。革の表面にはロウが浮き出た、美しい白い粉模様(ブルーム)が見られます。大人の男性と同じように、渋いエイジングを重ねる素敵な財布です。

価格/生産国 54,000円/日本
素材(産地) コードバン(日本)/ヌメ革(イタリア)
カラー 黒鹿毛(ブラック)/鹿毛(ボルドーブラウン)
ブランド/商品名 ココマイスター/コードバン・ラウンド長財布
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

国産最高級コードバン使用

外装は日本国内で生産された最高級コードバン、内装はイタリアで厳選された高級ヌメ革を使用しています。コードバンはロウ引き加工されており、表面には美しいブルームを見ることができます。

価格/生産国 45,000円/日本
素材(産地) コードバン(日本)/ヌメ革(イタリア)
カラー 黒鹿毛(ブラック)/鹿毛(ボルドーブラウン)
ブランド/商品名 ココマイスター/コードバン・通しマチ長財布
商品詳細を見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

最高級皮革コードバンの特徴

キングオブレザーと呼ばれる最高級皮革、コードバンの特徴を解説します。

コードバンに使われる素材

コードバンに使われる素材

コードバンは、馬のお尻の皮から採れる希少素材です。分厚いお尻の皮の内側にある、厚さたった2mmのコードバン層と呼ばれる素材を使います。主にヨーロッパの農耕馬から採取しますが、年々数が減ってきており、希少性が増しています。

コードバンの呼び名

コードバンは珍しい特徴を持つことから、様々な呼び名が付けられています。呼び名の意味を知って、コードバンの特徴をつかみましょう♪

【キングオブレザー】・・・世界でもっとも魅力的なレザーとして、革の頂点に君臨することからこう呼ばれています。

【革の宝石】・・・馬のお尻のとても丈夫な分厚い皮に守られた、わずか2ミリのコードバン層を慎重に削り出す採取方法が、まるで宝石採掘に似ていることからこう呼ばれます。

【革のダイヤモンド】・・・「採取方法が宝石の採掘に似ている」「希少性の高さ」「非常に硬いという性質」「磨くと増す光沢」、これらの特徴から、同じ性質を持つダイヤモンドに例えられています。

【幻の革】・・・コードバンの歴史や起源がはっきりとわかっておらず、さらにその希少性の高さから幻の革と呼ばれることもあります。

コードバンの特徴

コードバンの特徴

コードバンは牛革の約2~3倍もの強度がある、非常に硬い革です。大事に使えば何十年も使うことができる一生モノの革になります。急速に経年変化することはなく、時間をかけてゆっくりと変化していきます。

コードバンは水に弱い

水に弱いと言われている革製品の中でも、コードバンは特に水に弱いことで有名です。雨や汗など、少し濡れただけでもシミになってしまうことがあるぐらいです。もし濡れてしまうことがあれば、乾いた柔らかい布ですぐに拭いてあげましょう。

コードバンの種類

コードバンは仕上げの加工法によって、全く異なる特徴があらわれます。有名な三種類のコードバンをご紹介します。

水染め

水染めコードバン

水染めコードバンは、コードバンにもっともふさわしい仕上げ加工と言われています。光沢が美しく、透明感のある色艶を楽しむことができます。コードバンの中で一番水に弱いのも、水染めコードバンです。
(ランキング1位、2位)

ロウ引き加工

ロウ引き加工

革の表面にロウを染み込ませたコードバンです。ブライドルレザーのような、美しい白い粉模様が特徴です。革に染み込んだロウが革を保護してくれているので、硬さのあるコードバンがさらに硬くなり、強度もあがっています。水に弱いコードバンの中では一番水に強いのも、ロウ引きコードバンの特徴。水染めに比べて光沢感が落ちてしまうのが弱点です。
(ランキング4位、5位)

オイル加工

オイル加工

革にたっぷりのオイルを含ませた、重厚感のあるコードバンです。マットな風合いというよりは、重く、深みのある、魅力的な色艶をしています。アメリカのホーウィン社が造るシェルコードバンも、オイルコードバンです。
(ランキング3位)

おすすめはブライドルレザー

コードバンは一度ハマると戻れない、凄い魅力のある革ですが、個人的にはブライドルレザーの長財布をオススメしています。

ブライドルレザーなら、3万円の予算があれば上質な財布を買うことができます。人が牛肉を消費する限り、副産物として生み出される牛皮で作られていますので、環境にも良い気がして私は愛用しています。

総合ランキング1位の財布もありますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

【ブライドルレザー】世界が認める本革長財布5選